ビジネスや学問など、さまざまな場面で翻訳が必要なケースはよくあります。そのような場合には、webサイト翻訳を活用しましょう。けれど、たくさんのサイトが存在していますので、上手に選択することがコツです。ここでは、webサイト翻訳について紹介しています。

日本語から外国語への翻訳

日本語から外国語に翻訳したい場合には、あらかじめ言語を決めておくことがコツです。世界中には、英語のほかに数多くの言語があるからです。こちらでは、各言語の特徴を紹介しますので、是非とも参考にしてください。

母語にしている国が多い英語

インターネットは世界中につながっているので、日本から色々な国のwebサイトが見られますし逆に世界から日本のwebサイトを見る人もいます。日本でwebサイトを運営していて世界に発信をしたいのであれば…

Read more

使用するシーンが増えている中国語

webサイト翻訳は、国内外のネットユーザーにサイトを訪問してもらうために欠かせない作業の一つです。最近では、英語だけでなく中国語の翻訳ツールに対するニーズが高まっており、様々なジャンルのテキストの…

Read more

外国語から日本語への翻訳

外国語で書かれた本や書類、ネットの記事を読みたいなら、webサイト翻訳を利用する方法が便利です。webサイト翻訳ではサイエンスやテクノロジー、芸術や娯楽など、あらゆる分野の翻訳を手がけています。これからwebサイト翻訳を有効に活用する秘訣を説明しますから、お役に立ててください。

外国語を指定する

分野を選択する

完成度を確認する

チェックしておきたい外国語について

英語に訳して正しく伝える

数ある翻訳の中でも最も需要のある言語は、やはり英語でしょう。英語は多くの外国人が読み取れる言語であり、それだけ翻訳に対する費用対効果も高くなります。英語が母国語でなくても英語スキルは習得している、という外国人も少なくありません。どんなサイトを翻訳するにしても、とりあえず一つだけ翻訳するとなれば英語が第一候補に挙がるのです。また、簡単な翻訳だけでなく、専門用語も交えだすと簡単には翻訳も成功しません。難しい言葉も正しく意訳し、適切な表現を持って相手に真意を伝えられること、それこそが翻訳会社に依頼するメリットなのです。細かなニュアンスがしっかりしているだけで言葉の信用性は高まるため、その点を意識して英語への翻訳を依頼してみましょう。

中国語に翻訳するメリット

今や多くの中国人が日本を訪れており、それは日本のサイトも変わりません。日本人と同様に漢字を使用しているため案外楽に翻訳できるのでは、と思われるかもしれませんが、これは誤りです。文章なら発音の違いは生まれませんが、日本と中国では漢字の使い方もかなり異なっており、やはりプロに翻訳を依頼しないことには正しく言葉が伝わりません。また、無料ツールで翻訳することを検討している方もいるかもしれませんが、まだまだ翻訳の正確性は実用に至りません。個人で利用する分には使えるにしても、サイトの翻訳など大掛かりな作業には向いていないでしょう。その意味でも、中国語へ正しく翻訳し、細かいニュアンスまでしっかりと伝える必要があるのです。