母語にしている国が多い英語

アメリカやイギリス等国ごとへの対応

インターネットは世界中につながっているので、日本から色々な国のwebサイトが見られますし逆に世界から日本のwebサイトを見る人もいます。日本でwebサイトを運営していて世界に発信をしたいのであれば、世界の人が理解しやすいようwebサイト翻訳を利用すると良いかも知れません。世界の中で多くの地域で使われている言葉としては英語が知られていて、イギリスを発祥としてアメリカやオーストラリアなどでも使われています。では英語に対応したサイトを一つ作っておけば十分かですができればそれぞれの国ごとに対応した方がいいでしょう。英語にもイギリス独特の表現やアメリカの表現があり、それぞれの国の人が理解できる表現で翻訳した方がより内容を伝えやすくなるはずです。

ネイティブのチェックを入れる

日本語で作成されたwebサイトでも、海外からも自由に見られるようになっています。海外の人は翻訳ソフトなどで母国語に翻訳して理解するのでしょうが、機械的な翻訳だと誤った情報を伝える可能性があります。世界への発信を想定するなら予め翻訳済みのサイトを用意した方がいいでしょう。その時にまず対応したいのが英語への対応で、アメリカなど英語を母語にしている人たちだけでなく第二言語にしている国や外国語教育で英語を取り入れている国の人にも情報発信ができます。webサイト翻訳サービスを利用すると翻訳内容を提供してもらえますが、その時にはネイティブのチェックを入れるようにしましょう。英語を母語にしているアメリカやイギリス等複数の国のネイティブに読んでもらって、問題が無いようにしておきましょう。